スギ花粉症に対する舌下免疫療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

舌下免疫療法とは?

舌下免疫療法(1)舌下免疫療法(2)

 

 

 

 

 

 

アレルゲンを含む治療薬を舌の下に滴下し、2分間保持することで、アレルギー症状を治療するアレルゲン免疫療法のひとつです。

減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

アレルゲン免疫療法の特徴

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。

アレルゲンを投与することから、アレルギー反応がおこる可能性があり、まれに重篤な症状が発現する可能性があります。

治療は長期間(3~5年)かかります。

すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

シダトレンについて

シダトレン(鳥居薬品)は、スギ花粉症に対する舌下投与のアレルゲン免疫療法薬です。

検査でスギ花粉症と診断された成人および12歳以上の小児の患者さんが治療を受けることができます。

アレルギー治療薬とは違い、服用してすぐに効果がでるお薬ではありません。

花粉症の症状を問わず、スギ花粉が飛散していない時期も含め毎日服用します。

シダトレンによる治療が受けられない方

花粉症の原因がスギ花粉ではない方

このお薬でショックをおこしたことのある方

重い気管支喘息の方

悪性腫瘍(がん)や免疫系の病気がある方

シダトレンで期待できる効果

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善

涙目、目のかゆみの改善

アレルギ治療薬の減量

QOL(生活の質)の改善

シダトレンの副作用

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー:急性の過敏反応により薬剤投与30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁)などがみられる。

皮膚の症状 じんましん かゆみ 皮膚が赤くなる 粘膜の症状 くちびる、舌、口の中が腫れる まぶたが腫れる呼吸器系の症状 息切れ せき 呼吸音がゼーゼー、ヒューヒューする あるいは 血圧の低下 倒れる 失禁する 

主な副作用

口内炎、舌の下の腫れ、口の中の腫れなど

喉のかゆみ、耳のかゆみ、頭痛など

舌下免疫療法(3)

 

 

 

 

治療のスケジュール

初診時にスギやその他のアレルゲンに対する過敏性検査(血液検査)を行います(初回診察日には基本的にはシダトレンの処方は行いません)。スギ花粉症であることが確認できたら、シダトレンを2週間かけて徐々に増量し、その後は一定量を長期間服用します。初日は医療機関で服用し、2日目からは自宅で服用します。

服用方法


舌下免疫療法(4)

 

 

 

 

 

 

 

1日1回、シダトレンを舌の下に滴下し、2分間保持した後、飲み込みます。その後5分間は、うがい・飲食を控えます。

舌下免疫療法(5)

 

 

 

 

 

 

 

 

治療を受ける前の心構え

スギ花粉が飛散していない時期も含め、長期間の治療を受けらる

シダトレンの服用(舌の下に2分間保持)を毎日継続できる

少なくとも1ヶ月に1度受診することができる

すべての患者さんに効果を示すわけではないことが理解できる

効果があって終了した場合でも、その後効果が弱くなる可能性あることが理解できる

アナフィラキシーなどの副作用がおこるおそれがあることが理解でき、副作用がおきた時の対応が理解できる

 

昨年は遠方からも多くの患者様に来院していただき、当院では計16名様の患者様が舌下免疫療法を開始されました。残念ながら1名の方が副作用(咽頭痛)で投与中止となりましたが、他の患者様は安全に投与ができております。来シーズンにむけての初期治療は本年6月から12月の間に開始しています(11月時点で新規に10名の患者様が治療を開始しています)。昨年治療を受けられなかったスギ花粉症の患者様で舌下免疫療法をご検討の方は早めに御相談ください。

当院はスギ花粉症に対する舌下免疫療法相談施設として紹介されています http://www.torii-alg.jp/mapsearch/

当院では従来より行われてきたスギ花粉、ハウスダストに対する皮下免疫療法にも対応しています。皮下免疫療法を御希望の患者様も遠慮なく御相談下さい。

 

 

 

コメントを残す