乳がんを知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

わが国で乳がんと診断される女性は、1年間に5万人にのぼっています。そして、その多くの方が不安やつらい治療を乗り越え、立派に社会生活にもどっています。

「どうして私が・・・・」、これはがんと診断された患者さんが誰しも最初に思う、いつわらざる気持ちです。これまでの平穏な生活を中断される不安と怒り、そしてどうしたらいいのか分からない絶望感・・・・。しかし、このような気持ちから立ち直り、がんと闘い、がんを克服された患者さんはたくさんいらっしゃいます。

乳がんは比較的性質の良いがんの一つであり、優れた検査法や有効な治療手段が多いことから、早期に発見して適切な治療を受ければ、ほぼ完全に治すことができます。また、たとえ進行していても、患者さんの病状に応じた有効な治療手段がありますから、けっしてくじけることなく治療を続けてください。

そして乳がんを早期に発見するために大事なことは次の二つです。

①自己検診をしましょう
②乳がん検診を受けましょう

詳しくは下記をご覧ください。これが皆様の参考になっていただければ幸いです。

健康教室
広報「つちうら」の健康教室に掲載されたコラムです

淀縄医院は乳がんの診療には特に力をいれています。手術・放射線治療は近隣の中核病院に依頼していますが、術前診断から術前/術後化学療法・ホルモン療法・再発時の治療・緩和医療までがん診療の専門的知識を生かして責任を持って当院で対応させていただきます。

現在約70名の乳がん患者様の診療にあたらせていただいています。

乳がんかどうか心配されている方・乳がん診療を現在受けているが今後のことで心配されている方、遠慮なく当院へご相談下さい。(お問い合わせフォームをどうぞご利用ください)