メッシュを用いた鼠径ヘルニア手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

 鼡径(そけい)ヘルニア(脱腸)とは?

ヘルニア(脱腸)とは、本来ならお腹の中にあるはずの小腸などの一部が太ももの付け根(鼡径部)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。立った時や、お腹に力を入れた時に、鼡径部が膨らんでくる事に気がつきます。ピンポン球から握りこぶし大までと大きさは症状によって様々で、違和感や痛みを伴う事もあります。 患者さんの対象は、乳幼児から高齢者まで幅広くいらっしゃいますが、特にももの付け根の筋膜が弱くなる40歳以上の男性に多く見られます。 鼠径ヘルニア(1)

鼡径ヘルニアの症状は?

立った時やお腹に力を入れた時、力仕事をしている時にももの付け根に柔らかい腫れが出来ます。普通は指で押さえると引っみます。しかし回数を重ねるごとに、急に腫れが固くなり、押さえても元に戻らなくなります。そして、吐き気や嘔吐、痛みが出てきます。 これをヘルニアの嵌頓(カントン)といい、緊急手術が必要になります。 鼠径ヘルニア(1)鼠径ヘルニア(2)    

鼡径ヘルニアの治療は?

鼠径ヘルニアの治療は、手術以外に治す方法はありません薬や運動療法といった有効なものはありません。ヘルニアバンド(脱腸帯)を使っておられる方もいますが、治療ではなく押さえているだけですのでバンドを外すとヘルニアとなり飛び出してきてしまいます。 つまり、大人(成人)の鼠径ヘルニア(脱腸)は自然に治ることはありません。

鼡径ヘルニアの手術は?

<

p>淀縄医院では局所麻酔あるいは静脈麻酔を併用した日帰りでの鼠径ヘルニアの手術を行っています。入院での手術を希望される患者様には近隣の総合病院を御紹介いたします。 手術方法は、鼠径部に4cm位皮膚を切開して筋肉の膜が弱くなったところを合成繊維でできたシート(メッシュ)で補強します。シートもいろいろ種類がありますが、弱くなったところの周囲がしっかりしている時にはプラグ型のシート(メッシュプラグ法)を、全体的に弱っている場合には平板型のシートを筋肉の裏側に敷いています(USH法)。所要時間は1時間弱位です。詳しくは医師に御相談下さい。  平成28年(1月~12月)は20名の方がメッシュを用いたヘルニア根治手術を受けられました。 USHメッシュ   UHS法 イメージ タイレーンメッシュプラグ(メディカルリーダース)  ウルトラプロヘルニアシステム(エチコン株式会社) 淀縄医院では鼡径ヘルニアの手術を電話・インターネットでも予約できます。お問い合わせフォームをどうぞご利用下さい 当院は土浦市でメッシュを用いた鼡径ヘルニア手術を行う施設として紹介されています http://byoinnavi.jp/ibaraki/h12 http://allabout.co.jp/r_health/clinicsearch/ibaraki-pro0451/ http://caloo.jp/hospitals/search/08203/d565